FC2ブログ

あれっ、日本は新型コロナ対策と経済の両立を上手くやっている?

 

【 日本のコロナ封じ込め対策 】



 2021/5/3、高橋洋一氏が、現代ビジネスに『日本は本当にコロナ封じ込め「失敗国」なのか?データから「客観的事実」をお伝えしよう』を掲載された。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82817?imp=0

 以下は一部抜粋。

 


緊急事態宣言の「厳しさ」とは?

日本のワクチン接種率は世界の中でも低いが、それは日本の感染率が低いからだ。感染度合を加味して順位を出すと世界の中で平均的になる。

ワクチンの供給は原則として感染の拡大が深刻な国・地域から行われている。データ入手可能な世界84ヶ国で日本は71位と下位であるが、感染度合を加味すると、日本は45位で平均的だ。

感染が少ないのに、人口の多い日本がワクチンを大量は集めたら世界から批判を受けてしまうだろう。国民としては、一刻も早くワクチンを確保してもらいたいが、カネにものを言わせず、ワクチン格差を加担しない、奥ゆかしい日本らしいスタンスではないか。


ワクチンの副反応を煽っておいて、厚労省が及び腰というのはまさに煽りの典型だ。それを言うなら、マスコミがワクチン副反応を煽ったために、日本では集団接種ができなくなって、今回自治体にノウハウがなく困っているというべきだ。


経済の調子も実は悪くない

各国では、その後、規制レベルを新型コロナ状況などに応じて引き下げてきたが、それでも今の日本よりは厳しいレベルだ。日本は世界の中でも、最も緩いレベルの規制を続けている、極めて珍しい国だ。

これは、日本では、平時に憲法改正して緊急事態条項を盛り込むことすら議論できなかったので、有事の対応がまったくできないからだ。

通常の民主主義国でも、憲法で非常事態条項があり、一般人の行動も強制的に規制でき、その担保として一般人に対する罰則もある。しかし、日本では、「非常事態宣言」ができないので、私権制限を本格的にできず、一般人に対する強制措置でなく、特定者に対するものであるにとどまる新型コロナ特措法程度のことしかできない。

マスコミの言う「緊急事態宣言は効果がない」は正しいのだが、その一方で、一部のマスコミは私権制限を伴う憲法改正については反対の姿勢を貫く。これでは、手を縛っておきながら泳げというのに等しい、無理難題だ。

私権制限もできないながら、新型コロナの感染者数などは先進国の中で優秀だ。


日本は財政支援も先進国中でトップクラスであり、その結果、経済の落込みの少なさも先進国中でトップクラスである。


日本はうまくやっている

こうしてみると、世界の中では、日本は新型コロナ対策と経済の両立をもっとも上手くやっている国であるといえるだろう。

ちなみに、経済パフォーマンスがいいことは、失業率の動向にも表れている。昨年1月と今年3月の1年間の失業率の推移をみると、日本は世界の中でも失業率上昇の少なさはトップクラスだ。

テレビワイドショーではでてこない世界のデータで見ると、世界の優等生である。

 


<感想>
 高橋洋一さんの示す客観的なデータで、日本は新型コロナ対策と経済の両立を世界の中で上手くやっていることが理解できる。
 マスコミもこのようなデータに基づいた説明を心掛けて欲しい。

 

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト



あれっ、対中金融制裁により中国の独裁主義を抑制?

 

【 中国に対する金融制裁 】



 2021/5/2、青山繁晴参議院議員が、「中国の独裁主義から日本を護り、アジアと世界を解き放つには、日本が根こそぎ変わることがどうしても必要」と題するブログを更新された。

 以下は一部抜粋。

 


 あらためて痛感するのは、中国共産党の専横をフェアに、そして確実に抑えるには、金融制裁の実実しかないということです。
 これなくしては、ウイグル人へのジェノサイドも止まらない。

 トランプ大統領は史上初めて、そこへ、対中金融制裁へ踏み込みました。しかし道半ばで、バイデン大統領に替わった。
 バイデン大統領は、他に何を表明されようとも、この金融制裁、なかでもドルと人民元の交換という為替の問題には踏み込む気配すらありません。


 自由主義の陣営でもっとも対中金融制裁に後ろ向きなのが、ぼくらの日本です。
 EUをはじめ他もかなり腰が引けていますが、日本のだらしなさいことは段違いであると、客観的に判断ざるを得ません。

 ちょうど30年前のクリスマスに、ソ連がなぜ共産党による独裁を放棄せざるを得なかったか。
 今のロシアにも、共産党の一党独裁とは別種の専横主義がありますが、西暦1991年12月の世界史の奇蹟はなぜ起きたか。
 このソ連崩壊のほんとうの要因を見れば、現代型の独裁主義のキモ、最大の弱点は、金融、そして為替だと分かります。

 もはやアメリカ任せにはできません。
 アメリカ内部の志ある人々の奮起を促すためにも、日本が、まさしく生まれ変わるほかありません。
 なぜか。
 これは、中国の独裁主義がまずはアジアを全支配しようとしており、それに対抗できるアジアの民主主義のリーダーは、愛国主義も何も関係なく、公平に、日本以外に全くありません。

 政府も自由民主党も、これまで通りの政治、日本のまつりごとを繰り返していていい時代は終わっています。
 中国共産党の独裁主義がいちばん恐れる金融制裁、そこに日米欧が連帯して踏み込むには、アメリカじゃない、欧州じゃない、まずぼくらの日本が変わらねばなりません。

 独裁主義を、にんげんの敵と見定めているのです。
 武漢熱のこの惨劇も、出発点は、独裁主義のもたらす保身と隠蔽でありました。
 人間の自由、尊厳に加えて、命まで奪う独裁主義、そして独裁なら何もかもやり易いという、人間の陥る罠、これらと戦うことにおいては、ぼくらは一致点を見つけられる。

 


<感想>
 青山繁晴参議院議員の言う、アジアの民主主義のリーダーとして、日本が主導して対中金融制裁することにより、中国の独裁主義を抑えることを祈念している。

 

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

あれっ、CO2削減の数値目標は総理の政治的決断?

 

【 CO2 46%削減目標:総理の政治的な決断 】

 


 2021/4/26、高橋洋一氏が、現代ビジネスに『小泉環境大臣がCO2削減目標でまたもや「余計な発言」…当人が「本当は言うべきだったこと」』を掲載された。

 以下は一部抜粋。

 


22日夜から行われたバイデン米国大統領主催の気候変動サミットで、菅義偉首相は「2030年度に温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指します」と表明した。

今回の数値目標について、政府は「総理の政治的な決断」だと説明している。なお、バイデン大統領は、2030年までに二酸化炭素(CO2)排出量を2005年比で50〜52%削減すると表明した。


「環境省によれば、基準となっている13年度の温室効果ガスの総排出量は14億800万トン(CO2換算)。世界で5番目に多い排出国となっているが、あと9年で約半分に削減する方針のようだ。」と書かれている。


直近の2018年では中国28.4%、アメリカ14.7%、EU9.4%、インド6.9%、ロシア4.7%、日本3.2%となっている。


政治抜きに真面目に議論すれば、世界のCO2排出量で28.4%が中国、14.7%がアメリカなので、まずは、この両国の問題だ。日本でやれることはほとんどない。


一例を挙げれば、石炭火力プラントを先進国から途上国への輸出を止めようという動きがある。仮に日本が止めると、中国が輸出してしまう。日本のプラントと中国のプラントを比較すれば、日本のほうがCO2排出は少ないのに中国のプラントではよりCO2ガスが排出されることになる。

国益と世界の利益を考えたら日本のほうがマシであるにもかかわらず、プラント輸出を止めようとするのは馬鹿げている。こうした意見をいうメディアは、中国からの回し者かと思ってしまう。


先進国各国ともに、目標としても再生エネルギーもせいぜい5割程度なので、残りは火力と原子力だ。火力はCO2を回収せざるを得ないので、それほど比率を高めることができない。となると、必然的に原子力がカギを握る。

現状では再生可能エネルギーなどと比較して、原子力は最低限界コストの方法である。高い温室効果ガス削減目標もいいが、それを最小コストで行う方法を否定したらいけない。リアルに考えると、当面既存原発の再稼働、中長期的には小型原発で置き換えという戦略にならざるを得ない。


小泉環境相が言うべきだったのは、「46%の根拠」ではなく、「46%は菅首相の政治的な判断だ」ということだった。そしてその達成のためには、再生可能エネルギーを最優先するのではなく、短期的には原発再稼働、中長期的には小型原子炉での置き換えなど、様々な道があることを示すことでもある。

中国が日本の原子力開発をおそれる理由は、ひとつは、日本が原発依存を高めると中国の日本向け太陽光ビジネスが困るという事情だ。

 


<感想>
 石炭火力プラントのCO2排出量:中国製>日本製⇒中国製の輸出より、日本製の輸出が良いことは自明である。
 また、中国の太陽光ビジネスの封じ込めのためにも、再生エネルギーより、小型原子炉への置き換えを含めた、原発再稼働に真摯に向き合うことが必要であるように思われる。

 

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

あれ、堀江流「既存の価値×自分の価値」「ノリ×実践」?

 

【 堀江貴文:スマホ人生戦略 】

 


 前日、堀江貴文著「スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー 35の行動のスキル」の項目に目を通した。

 以下は、印象深いフレーズの抜粋。

 


Chapter 2  金銭戦略 貯金はするな。スマホで稼げ!

「掛け合わせ」の発想がないヤツに、スマホでカネは稼げない。

POINT
・スマホで稼ぐ人は「既存の価値×自分の価値」で掛け算をする

・オリジナルの価値を極めれば、ビジネスに新しい道が拓ける

・スマホで漫然と、情報を眺めていてはいけない

 既存の価値に、自分のオリジナルの価値を掛け合わせれば、枠組みから外れた「ただひとつのアイデア」をつくり出せる。

 そうすれば、自分のルールで、好きなように戦えるのだ。

 既存の価値と自分がハマった趣味の掛け合わせから新しい展開ができつつある。

 


Chapter 3  ビジネス戦略 人間関係はスマホで最適化できる

 ビジネスの経験値を上げたければ、スマホ片手に街に出ろ!

POINT
・スマホは外に出て動きながら使うことでより真価を発揮するする

・ビジネスで最も求められているのは、ノリの良い人材

・ノリ良くさまざまな場所に出かけていると大きなチャンスに出会う

 行動しよう! 他人の目は気にするな! 好きなことだけやっていけ! それだけで成功できる!と声を大にして言い続けているのに、みんな動かない。

 最初は微妙だなと思っても、いったん走りながら微調整していくと、必ずその先に突破するための光が見えてくる。「ノリ×実践」の掛け合わせで行動しているうちに、みんながあなたに求めている本当の才能が見えてくるのだ。


 対等に話し合える関係性があるのかどうか

 面白い話というのは、一緒につくり出すものだ。

 対等に話し合える関係性でなければ、会う意味はない。

 影響力のある人と出会い、そこで化学反応を起こすためには、努力を重ねて、相手にメリットを与えられる確かな実力をつけるしかないのだ。

 


Chapter 5  ブランド戦略 スマホで自分ブランドを上げる方法

 自分だけの価値をつくれなければ、「個」の時代は生き残れない。

POINT
・スマホを使いこなせる人とそうでない人の格差が広がっている

・自ら仕事をつくり出し、自ら稼ぐことが主流になる

・遊んで「個」を発信することが仕事になる

 いま、誰もが自分という「個」の価値を上げる意識を持つべきだ。

 仕事が消えていく「個の時代」に、自分の価値を創出できない人は、生き抜いていくのは難しい。だが、その壁を越えるのは簡単なことだ。

 スマホで遊べ。それだけでいいのだ。


 いちばん大切なのは「伝える熱意」だ。どんな場合でも、「熱意」こそがあなたのブランドを強化するのである。

 何を相手に伝えて、どんな意思を共有したいのか? 熱意をもって必死に考えれば、自ずと理想のスライドがてきあがるだろう。


 能力をアピールするより、できない自分をさらけ出して「助けて」と平気で言える人のほうが好感を持たれるし、助けてくれる人も集まりやすい。

 


Chapter 6  未来戦略 スマホで未来を切り開け

 情報を持つ者だけが「相対的未来」を予測できる。

POINT
・手持ちの情報を総合して考えれば、相対的未来は予想できる

・スマホで質のいい情報を手に入れて、精度高く未来を予測しよう

・情報を得る分だけ、未来についての不安は消える


 所有の時代から、共有の時代へ

 発信と行動が、新しい楽しい知の「扉」を開ける。

POINT
・情報のインプットは大切だが、それだけでは十分ではない

・有意義な議論のために、短くキレのある言葉で意見を発信しよう

・社会に向けて、スマホで「自分」という情報をアップデートしよう


 発信という行動を心がける。発信しなければ議論は始まらないし、新しい知と関わることもできない。つまり、あなたの未来はつくれないのだ。


 動き出さなければ、社会の中で「自分」という情報をアップデートすることはできない。能力や技術で、優れた人たちを越えることは難しいかもしれない。

 だが、動き出すスピードと行動力なら、勝てるチャンスはある。
 いますぐ、スマホで動き出せ! いますぐだ。

 


<感想>
 堀江流、「相対的未来」を予測して、「既存の価値×自分の価値」や「ノリ×実践」の掛け合わせで、「個」発信という行動で新しい知の「扉」を開けてゆきたい。

 

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

あれっ、日米首脳共同声明は中国に備える覚悟の表明?

 

【 日米首脳会談:対中国の共同声明 】



 2021/4/19、高橋洋一氏が、現代ビジネスに『日米首脳共同声明で追い詰められた中国が、どうしても潰したい「ある議論」』を掲載された。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82373?imp=0
 以下は一部抜粋。

 


中国にとって最もイヤな声明

4月16日の日米首脳共同声明において、以下のような文言が盛り込まれた。


日米両国は共に、尖閣諸島に対する日本の施政を損おうとするいかなる一方的な行動にも反対する。

日米両国は、東シナ海におけるあらゆる一方的な現状変更の試みに反対する。

日米両国は、南シナ海における、中国の不法な海洋権益に関する主張及び活動への反対を改めて表明するとともに、国際法により律せられ、国連海洋法条約に合致した形で航行及び上空飛行の自由が保証される、自由で開かれた南シナ海における強固な共通の利益を再確認した。

日米両国は、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す。

日米両国は、香港及び新疆ウイグル自治区における人権状況への深刻な懸念を共有する。


いずれにしても、これまでの日米首脳会談と比べても、中国には最もイヤなものだろう。なにしろ、中国が核心的利益として国家戦略に取り込んでいた新疆ウイグル自治区、南シナ海、香港、台湾、尖閣のいずれについても、日米は批判したからだ。

 


やがて行き詰まる中国

これらから予想される近未来は、中国は民主化を否定しているので、近い将来に経済で行き詰まる。そのとき、これまでの歴史では対外進出であり、残された場所は台湾と尖閣しかない。

それに備える覚悟を示したのが、今回の歴史的と言える日米首脳共同声明だ。

 


(参考)日米首脳会談共同声明(外務省のWebsite)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page1_000948.html

 


<感想>
 コロナ後の経済復活の見通しを背景に、世界的に株式市場が堅調ではあるが、最大の懸念材料は、高橋さんも指摘する、中国の対外進出(台湾と尖閣)であろうか。
 中国が暴発するのか、自制するのか、その方向性を注視してゆく必要がある。

 

----------------------------------------------------------------------
元証券マンが「あれっ」と思ったこと
発行者HPはこちら http://tsuru1.blog.fc2.com/
----------------------------------------------------------------------

プロフィール

つるいち

Author:つるいち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CB (32)
DES (1)
夢 (5)
AI (1)
IR (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR